女性特有の病気で保証される保険ってあるの?おすすめの保険を紹介!

322df81ea7f3014472629bd92e77a6f3_s

女性特有の病気を保証する保険は色々あります。そうは言っても何がよいのかわからないですよね。保険は難しい単語がちらばっていますので、わかりやすく女性特有の病気を保証するおすすめの保険を紹介していきます!

女性特有の病気で保証される保険について

年齢を重ねれば誰もが病気になるリスクは高まってしまいます。例えば女性だと男性とは違った病気になることもあります。軽度なものであればよいですが、重度になり入院しなければならなくなると大変です。保険は万が一のことが起こった際に役に立ちます。今回は女性におすすめの保険を紹介しますのでチェックしてみてください。

女性特有の病気とは?

女性は男性と違い、さまざまな病気になります。もちろん、男性がなりやすい病気や男性特有の病気はありますが、女性の方が種類が多いのです。最近では女性特有の病気をする人が増えてきていることから保険の大事さがより注目されています。今回は一部ではありますが代表的な女性特有の病気をまずは知りましょう。

女性特有の部位で発症する病気

女性はさまざまな病気になる可能性があります。代表的な病気を挙げていきますので、一つずつ見ていきましょう。

乳がん

乳がんは女性の胸にがんができる病気です。乳がんと聞くと脂肪部分からがん細胞が発生すると思われますが違います。乳腺と呼ばれる乳汁を産生する組織からがん細胞が作られています。女性特有の病気の一つといっても過言ではないでしょう。

子宮がん

子宮がんも女性特有の病気です。実は子宮がんという病気はなく、子宮頸がん(しきゅうけいがん)、子宮体がんの2つの総称として子宮がんと呼ばれています。子宮頸がんは子宮頸部にがんが発生し、子宮体がんは子宮内膜にがんが発生します。

卵巣がん

卵巣がんは子宮の左右にある卵巣にできるがんのことを指します。卵巣がんにもさまざまな種類があります。上皮性、胚細胞性、性索間質性などに分かれ、多くは上皮性のがんになります。

子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、本来妊娠すると子宮内膜に着床するのですが稀に子宮内膜以外に着床してしまうことを指します。着床される場所は卵管や腹膜などです。およそ妊娠6週目までに分かる病気で早期発見が重要です。

切迫流産

切迫流産の説明をする前に流産について説明します。流産は赤ちゃんが亡くなってしまったことを指すことです。切迫流産は赤ちゃんが流産しそうな状態なので希望が持てる状態です。

年代別でかかる病気の種類が違う

年齢によってかかる病気も違ってきます。20代30代は子宮頸がんになりやすいです。以降、年齢を重ねるとともに病気の確率が上がります。40代から50代は乳がん、子宮外妊娠、切迫流産になりやすいデータがあります。50代から60代は子宮体がん、卵巣がんになりやすくなっています。

女性におすすめの保険

14fa0d4f65de3a2f322ac299f2a58428_s

オリックス生命「医療保険キュア・レディ」

数々の特徴がありますが特に注目は「病気・ケガによる入院を一生保証」することです。もちろん、女性特有の病気(約款所定)や全てのがん(悪性新生物、上皮内新生物)に対しても手厚い保証があります。手頃な保険料も人気です。

メットライフアリコ「やさしくそなえる医療保険」

女性特有のがんである、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんが保証適用できる保険です。他にも関節リウマチや甲状腺障害など女性特有の病気もサポートしているのが心強いです。入院すれば日額5,000円が受け取れる保証があるので安心できます。

アフラック「もっと頼れる医療保険新EVER(エヴァー)・女性疾病特約付」

健康保険が適用されるおよそ1,000種の手術を保証し、放射線治療や先進医療のサポートを受けることができます。女性疾病特約付きなので乳がんや子宮筋腫などの保証もあります。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプラス」

女性に多い病気や女性特有の病気、ガンに対してのサポートを受けられる保険です。一生涯保証で三大疾病(ガン、心疾患、脳血管疾患)による入院は支払限度日無制限なので万が一の時も安心です。

日本生命「ニッセイ みらいのカタチ」

女性特定疾病倍額型を選択できるのがニッセイ みらいのカタチです。計画的な老後資金を準備することが可能なのもうれしいです。他にも保険料払込免除特約と呼ばれるものがあります。こちらは3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)などになったら、保険料の払込みが免除される特約です。

女性特有の病気に備えて保険に入ろう

女性特有の病気は最近、ドンドン増えてきています。仮に今が元気であっても、いつ病気になるかはわかりません。保険は余計な出費と考えてしまうかもしれませんが、あってよかったとなるためにもできる限りの準備をしておくのがいいでしょう。年齢によって、さまざまなリスクがあります。きちんと理解をしてから保険を組んで心配のない毎日を過ごせるようにしてください!