大腸がんの症状「早期発見が大事」女性に多い原因を考えよう

daicho

女性の死亡原因の1位はがんですが、その中でも大腸がんがトップになっています。早期に発見できれば完治する可能性が高い部位なのですが、女性の死亡率が高くなっている理由や大腸がんの症状、病院ではどのような検査をするのかご紹介します。

 

女性患者の死亡率が高い理由

食生活の欧米化・便秘などの原因で、女性・男性とも大腸がんに罹る方が多くなっていますが、男性の死亡原因ではがんの死亡率の中でも3位に位置するのに対し、女性では1位になるなど、男性と女性では大腸がんでの死亡率に違いがあります。

女性が大腸がんで死亡する確率が高い理由を3つご紹介します。

 

①検査を受けるのが恥ずかしい

病院の医師というと男性という病院も多いです。お尻を見られることに抵抗感を感じるという理由から女性は大腸がんに罹っているかどうかが気になっても、「検査を受けるのが恥ずかしい」と感じて、病院を受診するのが遅れることが多いようです。

検査が遅れることによって大腸がんを早い段階で発見することが難しくなります。女性医師や紙パンツを着用して検査を行う等さまざまな配慮がされている病院がありますので、恥ずかしがらずに病院を受診されるようにしてくださいね。

 

②なかなか相談しにくい

大腸がんが発見されるきっかけに「便に血液が混じっていて…」というケースがありますが、排便後に便の状態を確かめることも少ないという場合や、血液がついていても「痔かも…」と思ってなかなか相談しにくいと感じる女性も多いようです。痔で悩む女性も増えていますが、気になる症状がある際には早めに受診・相談されるといいですよ。

 

③発見が遅れてしまう

大腸がんというと、初期には自覚症状があまりない場合が多く、腹痛や残便感、下痢と便秘を繰り返す、便に血液が混じるなどの症状が出てきたときには症状が進んでいる場合が多くあります。

しかし、便秘や下痢などで悩んでいても、なかなか相談しにくいと感じている女性も多く、発見が遅れてしまうケースがあります。女性に多い便秘ですが、1人で悩まずに病院で相談されてみるといいですよ。

 

大腸がんの初期症状

死亡率の1位を占める大腸がんですが、早期発見できれば完治できる病気です。早期発見するために知っておきたい、大腸がんの初期症状を5つご紹介します。

 

①おならの臭い

健康な人でも病気の人でも誰でもする「おなら」ですが、このおならの臭いで大腸がんに罹っている可能性を見つけることができます。

大腸がんに罹っている方のおならの臭いは、「腐敗臭を伴ったようなくさい臭い」といわれています。おならは大腸の仲で作られたガスが出てくるものなので、大腸の病気や食事の内容によって臭いが変わります。肉をよく食べる生活を送っているとおならが臭くなることがあるため、食生活の改善によって臭いが収まる場合は心配ありませんが、食生活を見直してもくさい臭いのおならが続いているという場合、病院を受診されることをおすすめします。

 

②下痢や便秘が多い

下痢や便秘などは、誰にでも見られる症状ですが、大腸がんを発症すると、便の通りが悪くなって便秘になることや、大腸内にたまった便を押し出すために腸液が大量に分泌されて下痢になったりという便通の異常を生じます。普段から下痢と便秘を繰り返しているから…と放置せず、病院を受診されるようにしてくださいね。

 

③血便がある

大腸がんを発見する際の症状として、血便がありますが、痔なのかな?と放置してしまう方もいらっしゃいます。血便の原因が大腸がんなのか痔なのかを見分ける方法としては、血便の血の色があります。

大腸がんの場合の血便は黒っぽい色になっている場合が多く、上行結腸や横行結腸など小腸に近い部分の大腸がんでは全体的に黒っぽいために気付きにくい場合があります。また、S字結腸や直腸がんの場合、表面に血がこびりついたような便が出るのが特徴です。痔の場合は鮮血でぽたぽたと落ちることがほとんどですが、鮮血でぽたぽた落ちる場合でも早めの受診をおすすめします。

 

④お腹の痛み

大腸にがんができると、腸が狭くなるため便の通過障害が発生します。そうなると、狭くなった部分を通過させるために腸の蠕動運動が亢進するので、腹痛を感じることがあります。

通過障害がひどくなると、腸閉塞の状態になるため、強い腹痛を感じたり吐き気や嘔吐などの症状も現れます。

 

⑤貧血

女性に多い貧血ですが、大腸がんのために体内で出血が起き、貧血になることがあります。普段から貧血という方は気付きにくい症状なので、貧血の原因が実は大腸がんだった…と後からわかることも多いため、貧血も放置せずに病院を受診するようにしてくださいね。

 

早期発見が大事!検診と検査方法

大腸がんは死亡率の上位を占めますが、早期発見できれば完治する可能性が高い病気なので、早期発見のために検診や検査を受けることが大切です。

健診や検査にはどのようなものがあるのかご紹介します。

daicho

大腸がん検診

職場や地域などで行われている検診ですが、大腸がん検診では、便の中に血液が混入しているかどうかの便鮮血検査が行われます。便鮮血検査は検便の専用キットを自宅に持ち帰り、自宅で排便をした際にキットに採取するという簡単な方法なので、年に1回程度は検診を受けておくといいですよ。費用の目安としては高くても2,000円前後となっています。

 

病院での診察と検査方法

病院での検査方法としては

  • 直腸指診
  • 大腸内視鏡検査
  • CT・MRI検査
  • 注腸造影検査
  • PET検査

などがあります。それぞれについて、簡単にご紹介します。

 

【直腸指診】

肛門から直接直腸に指を挿入し、直腸がんの有無を調べる検査です。肛門付近の大腸がんを発見するために有効な方法ですが、大腸全体の検査はできないため、他の検査との併用になります。費用としては医療保険を使用し、3割負担した場合で2,000円程度となります。

 

【大腸内視鏡検査】

下剤を使用して大腸内をキレイにした後、肛門からカメラを挿入して大腸全体をチェックする検査です。検査中に少しお腹が痛くなることや苦しくなることがありますが、麻酔を使用して眠っている間に検査をしてもらえるなど、病院によって違いがあります。大腸ポリープが見つかった場合すぐ切除することも可能な検査方法です。

費用としては医療保険を使用し、3割負担した場合で6,000円程度となります。ポリープがあって切除まで一緒にした場合、20,000円~30,000円程度の費用がかかります。

 

【CT・MRI検査】

特殊な機械で断層撮影をする方法としてCT・MRI検査があります。CTはX線、MRIは磁気を用いてします。CTは妊娠中の方は適応外で、MRIはペースメーカーや人工内耳をしている方は受けることができません。

費用としては医療保険を使用し、3割負担した場合でCTが11,000円程度、MRIが9,000円から14,000円程度となります。

 

【注腸造影検査】

腸の中に肛門からバリウムを入れ、X線撮影をする検査です。胃のバリウム検査と同じ仕組みですが、妊娠中の方は適応外になります。また、バリウムを使用するため副作用が出る方もいらっしゃいます。

費用としては、医療保険を使用し、3割負担した場合で4,000円~6,000円程度となります。

 

【PET検査】

PET検査は、特殊な薬を使用して横になり、がんがある部位に現れる成分を機械で調べる方法です。全身の癌のチェックができる方法になりますが、費用が10万円程度かかるなど高額なため、現在はまだ一般的な方法ではありません。

 

最後に

食生活の欧米化に伴って、罹患数が増えている大腸がんですが、初期症状がないため、症状に気付いて病院を受診した時には転移しているということが多くあります。早期発見できれば完治する可能性の高い病気なので、定期的に大腸がん検診や病院での検査を受けるようにされてくださいね。