もしかして更年期障害?気になる症状・治療法から上手に付き合うコツ!

a22fbab5330c479073cb53bfc2b8fe77_s

個人差はあれど、女性なら誰にでも起こりうる更年期障害。ごく身近なものだと分かっていても不安や戸惑いを感じることもありますよね?心身共に健やかに過ごすために更年期障害の症状や治療法をしっかり理解して、上手に付き合っていくコツを教えます!

ホルモンバランスの乱れが原因?更年期障害とは

女性の更年期は、卵巣機能が衰えはじめ、最終的には機能が停止する時期のことです。閉経が近づくと卵巣機能が低下し卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの分泌が急激に減少します。このホルモンの乱れに体が上手く順応できず、時には日常生活に支障をきたすほどの様々な身体的・精神的な症状が更年期障害と呼ばれるものなのです。

更年期障害はいつ始まっていつまで続くの?

いずれ訪れる更年期障害が、いつ頃始まり、どのくらい続くのかを知り、心の準備をしておくことも更年期障害を上手く乗り越えるコツの1つです!

平均で40代半ばから始まる

更年期の始まりは、一般的には月経異常や月経不順が起こり始める女性が多いと言われる40代半ば頃と言われています。ただし個人差があり、働く女性が増加しストレスを抱えやすくなった生活環境の変化などが原因で、20~30代でも若年性更年期障害になるケースもあります。

閉経前後の10年間くらい続く

一般的に更年期は、閉経を挟んだ前後約10年間続くと言われています。閉経年齢で最も多いのが50歳頃とされているので、45歳~55歳が目安とされています。

更年期障害の症状をチェックしてみよう

気づいていないだけで、もしかしたら既に更年期障害が始まっているかもしれません!更年期障害の症状をあらゆる角度からチェックしてみましょう!

体にあらわれる症状

更年期障害の典型的な症状は、自律神経に関わるものです。例えば、気温が高くないのに、顔がほてるホットフラッシュや逆に異常なほど冷えを感じることもあります。

 

  • ホットフラッシュ(顔がほてる)
  • のぼせ
  • 多汗
  • めまい、ふらつき
  • 耳鳴り
  • 体が疲れやすい、だるい
  • むくみ
  • 頭痛
  • 冷え
  • 頻尿、尿漏れ
  • 抜け毛、薄毛
  • 胸の痛み、動悸
  • 肩こり、腰痛
  • 手足のしびれ

心にあらわれる症状

更年期障害は体にあらわれる症状が主なものだと思われがちですが、実は非常の多いのが不安やイライラなど心にあらわれる症状です。

 

  • 不安
  • イライラ
  • うつ
  • 睡眠障害
  • 意欲低下

その他の症状

  • 月経異常
  • 不正出血
  • 吐き気、嘔吐
  • 食欲不振
  • 喉が渇く

更年期障害はどんな治療法があるの?

9bd72d74714b2fa833687925eed0f1ff_s

いくかある更年期障害の治療法の中から自分の症状や体質にあう治療法を見つけることが大切です!

女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」

減少したエストロゲンを飲み薬、貼り薬、塗り薬などで補充することで急激なホルモンの変化を緩やかにし、体の順応をサポートする療法です。更年期障害の中でも主に自律神経失調症から引き起こされる身体的・精神的症状に効果があり、ホットフラッシュ、発汗異常、のぼせなどは治療を開始してすぐに改善されることが多いとされています。

副作用が少ない「漢方薬」

ホルモン治療が体に合わなかったり、更年期障害の症状が多岐に渡る場合の対症治療として漢方薬が使われる場合があります。漢方は更年期障害という概念がまだなかった頃から広く使われており、副作用のリスクが少なく体に負担をかけずに症状を緩和できるとされています。数ある漢方薬の中でも当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、更年期障害に効果的な3大漢方薬と言われています。

うつなどの精神的な症状には「抗うつ剤」

更年期障害にみられる憂鬱、不眠、不安、イライラなど精神症状の悪化により、うつ病を引き起こし、抗うつ剤を処方されることもあります。PMS(月経前症候群)や産後うつの経験がある女性は更年期うつになりやすいので、注意しましょう。

副作用などが気になる方は「市販のサプリ」

副作用が気になる方は、穏やかにきく市販のサプリがおススメです。

 

キッコーマン「からだ想い 基本のサプリ」

心身の変化が起こりやすい40代からの女性に嬉しい「大豆イソフラボンアグリコン」、「ぶどう種子ポリフェノール」、「ビタミンD3」、「葉酸」の4つの成分をバランス良く配合したサプリ。更年期特有のホルモンバランスの乱れやイライラなど、様々な体調の変化から女性の健康と美容をサポートします。

 

価格:6,200円

容量:60粒

購入先:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A0%E6%83%B3%E3%81%84-%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA-60%E7%B2%92%E5%85%A5%E3%82%8A/dp/B00HQY6LKQ

 

大塚製薬「エクエル」

エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボン由来の成分「エクオール」を主成分としたサプリ。40歳以降の更年期特有の心身の変化を緩和し、女性の健康と美容をサポート。

 

価格:4,200円

容量:112粒

購入先:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%AB-%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E8%A3%BD%E8%96%AC-112%E7%B2%92/dp/B00L8L443Y/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1493481215&sr=8-2&keywords=%E6%9B%B4%E5%B9%B4%E6%9C%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA

更年期障害と上手に付き合うには

辛い症状のときは早めに病院を受診すること、食生活や運動などの生活習慣を見直すこと、また、家族の理解を得ることが、更年期障害と上手く付き合っていくコツです!

辛い症状のときは病院を受診する

更年期障害の症状だと思っていても他の病気の可能性もあるので、辛い症状の時は早めに病院を受診しましょう。

 

のぼせ・ほてり⇒高血圧、甲状腺機能障害、バセドウ病、心臓病

頭痛・めまい⇒メニエール病、くも膜下出血、脳腫瘍、耳鼻科系の病気、脳の病気

疲労感・倦怠感⇒内臓の病気、うつ病

月経異常⇒子宮筋腫、子宮がん

関節痛⇒関節リウマチ

むくみ⇒腎臓病、心臓病

動悸・息切れ⇒肥満、狭心症

頻尿・残尿感⇒膀胱炎

(引用元:http://www.skincare-univ.com

生活習慣を見直す

更年期障害は、運動、食生活、睡眠、ストレスなど生活習慣と深く関わっており、症状を改善するためにも、健康を維持するためにも運動や食生活など生活習慣を見直すことが大切ですよ!

更年期障害には女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをし、代表的な症状のホットフラッシュを鎮める作用もあるイソフラボンの摂取が効果的です。日頃から納豆、豆腐、おから、豆乳など大豆製品を多く摂る様に心がけましょう。

しかし、いくら体に良いとされる大豆製品でも摂り過ぎは体に良くありません!1日の摂取量の目安は豆腐であれば半丁~1丁、納豆は1~2パックです。また、エストロゲンが減少し骨量が減りやすいので、乳製品、魚介類、海藻類などカルシウム豊富な食材を積極敵に摂るように心がけましょう。

更年期障害と上手く付き合っていくためには、食生活だけでなく運動も大切な要素です。国内外の研究によると、ウォーキングなど有酸素運動を続けることや毎日、寝る前にヨガを取り入れたストレッチを行うことで、更年期の症状が改善することが分かっています。

運動はストレス解消だけでなく、睡眠障害の改善にも繋がるので、少しずつ生活に取り入れていきましょう。

一人で悩まずに家族に理解してもらう

更年期は今まで普通にできていたことをことが大変になったり、すぐに疲れてしまったり、自分ではコントロールできない心身の症状があらわれ、大きなストレスになることも少なくありません。一人で抱え込まず家族に理解をしてもらい、できるだけ協力してもううことも大切です。

更年期障害を深刻に考えずに前向きに過ごそう

更年期障害を必要以上に深刻に捉えずに人生の折り返し地点と捉え、前向きに過ごしましょう!一人で悩まずに家族としっかり話すことで理解を得たり、趣味や運動に積極的に取り組むことでストレスを解消して、上手く更年期障害を乗り越えましょう!